サボテン・園芸的こだわり 《一級品》《一級品候補苗》 さぼてんの販売
ホーム店長日記
店長日記
店長日記:352
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 18 次のページ»
2018年02月18日
陽射しは大分明るくなってきて、春の訪れを感じさせてくれる日も出てきました。
とはいっても、ここ連日マイナス10度以下になる相変わらずの朝の寒さには閉口しています。
雪害で御苦労なさっている方達から見れば『何をぜいたくな事を言って!』と言われてしまいそうですが、早朝からの植替え作業はもうチョッと先になりそうです・・・
今はせっせと毎朝ポリタンク5本を車で運び、潅水作業をしています。
年のせいか、20ℓを満タンにすると持ち運びがチョッと苦痛になってきた私です・・・
  画像はブロスフィルディアの松露玉です
2018年02月07日
北陸では雪で大変なことになっていますが、幸いにもこちらは大したことは無く、日中のハウス内は春の訪れを感じさせてくれます。
陽射しの強さも気になりだしたこの頃ですが、外気温の最低温度は相変わらずマイナス10度以下の連続です。
昨年に播種した実生苗と一部のサボ吉達には初潅水しましたが、それも『恐る恐る・・・』といったところです。
 画像はシンチアナピナの開花、今年こそ種を採りたいのですが・・
2018年02月05日
昨日、今シーズンの甘栗太郎の販売を終了いたしました。
お買い上げ頂いた皆様、本当にありがとうございました。
毎年そうなのですが、この仕事が終わると『サボテン三昧!』とワクワクしてきます!が・・
溜めてしまった3月の確定申告の整理が待っています・・
私の場合、零細ですが6月には会社の決算との2股ですので、嫌になってしまいます。
愚痴はこれ位にして、そろそろ植替えと潅水を始めようと思っています。
 画像はテロカクタス属の緋冠竜達です
2018年01月14日
今更ながら・・・ですが、
   明けまして、おめでとうございます!
毎年の事ですが今シーズンは特に年末・年始のドタバタで、このH.Pで甘栗の販売も出来ませんでした・・・
遅ればせながら・・ですが、27日から数週間に渡り『甘栗太郎』のネット販売を行いたいと思っています。
栗焼きは土曜日しかできない為、お届け日は日曜日か月曜日という本当に勝手な販売ですが、何卒よろしくお願い致します。

尚、先程久しぶりにサボテンの出品を行いましたので、ゆっくり御覧になってください。
『親木』もしくは『親木候補』ばかりの為、価格も少し高めですが、それなりの自信作ですのでお許しください。
2017年12月20日
甘栗のイオンモール新規出店でトラブル続きの為、サボテンでの時間が取れなくなってしまい、新しい出品も出来ない事をお詫びします。
御注文品の発送も年明けとなる事をお許しください。
2017年12月09日
最近のこの時期には当たり前の事になってしまいましたが、昔は初春から4月あたりに咲いた筈のサボ吉・サボ子達の開花が始まっています。
うちでは11月に入ってからほとんどの苗は無潅水なのですが、何を勘違いしているんでしょう?
窓の外は雪景色なのですが・・・
 画像はマミラリアの玉翁殿です
2017年11月26日
ようやくハウス内の2重張りがほぼ出来ました。
『ほぼ・・』というのは、近隣の園芸資材を販売している数店舗の店に2メートル巾を超えるサイズの切り売りビニール在庫の扱いが無く、天に隙間が出来てしまった為です。
以前はこの数店舗の店のどこでも、切り売り在庫はあったはずなのですが・・・
寂しい事です。
2017年11月14日
今シーズン、これが最後の開花でしょうか?
黒牡丹の花が思いっきり咲いていました。
最低温度・0度以下の日が何日か出てきて、本格的な冬はもうすぐです。
冬支度を急がなければいけないのですが、中々進みません・・・
2017年10月30日
少し時間が経ってしまいましたが前回の台風前にハウスを閉め切りました。
その中に入ると、サボテンハウス独特のムッとした暖かさと、嫌でないカビ臭さを感じます。
写真の兜は今春に植え替えたものですが、閉め切ってから又、成長を始めています。
フェロなどの刺ものでさえ、一時的にはこの高温多湿という条件がサボテン栽培の秘訣ではないでしょうか・・?
2017年10月15日
牡丹類だけですが、11点を出品しました。
昭和30年代の終わり頃だと思いますが、花王丸等と並んでどうしても欲しかった旧ロゼオ・カクタス属(連山・亀甲牡丹など)・・・
お小遣いをためて鶴仙園さんにお邪魔し、当時5000円だった山木の連山は中学生だった私には到底買えず、黒牡丹の山木(1500円程だったと思います)を手に入れ、翌年に濃いピンク花が咲いてくれた時の嬉しさは今でもしっかり覚えています。
*画像は亀甲牡丹の開花です
2017年10月14日
一昨日のメールマガジンで『1~2日内に出品・・』とお知らせしましたが、明日の出品とさせて頂きます。
楽しみにして頂いた方々に、お詫びいたします。
本当に申し訳ありません。
2017年10月12日
昨日までは残暑のような暑さだったのに、今日は午後から『寒~い』一日になってしまいました。
サイドを開放していたハウスも閉め切ってきました・・・
*画像はエキノフォスロの白玉です
この属にしては珍しく春先だけでなく、秋まで幾度となく咲いて楽しませてくれる花と、濁りの少ない白刺が美しい魅力種です。
2017年10月01日
秋の訪れが早い信州では牡丹類の花が咲き始めました。
ここの所の急な寒さのせいでしょうか・・亀甲牡丹・黒牡丹・アガベ牡丹が一緒に咲いています。
この時期は毎年書くのですが、年甲斐もなく寂しさを感じる季節です。
そんな憂鬱さを牡丹類の花が多少なりとも癒してくれています。
 アリオカルプス亀甲牡丹の画像です
2017年09月20日
一カ月半ほど前に播種した花篭のその後です。
大きさは0.5ミリ程でしょうか・・?
花篭や黒牡丹を実生すると『捕らぬ狸の皮算用・・』で、お金持ちになった気分・・・
とは言っても未だにこんな生活を送っているのですから、あくまで『なった気分だけ・・』という事です。
現実は甘くありませんネ!(笑)
2017年09月13日
まだ日中は暑い日が続いていますが、日が暮れるのが早くなってきました。
当地ではそろそろ牡丹類の花が咲き始める頃ですが、今年は最後の開花でしょうか?黄刺象牙丸の赤花が咲きました。
気持も落ち込みやすい季節ですが・・・ちょっと古すぎる言葉?で『ガンバ!ガンバ!・・・』
  画像はコリファンタの黄刺象牙丸の開花です
2017年09月05日
当地での8月の日照時間は例年の80%だそうで涼しい日が多く、それがサボ吉達にとっては良かったのか悪かったのか・・・
9月に入ってまだ植え替えなければいけないものは数多くありますが、冬の訪れの早い当地では『鉢替え・土足し』程度の作業に切り替えました。
これをするのとしないのでは、翌年の生長に大きく影響します。
皆さんも試してみる価値はあると思います。
  *画像はH6年に播種した花篭です。(播種年を間違えていました。このサイズで24年目です。
 今年はS氏からたくさんの種を頂いたので、久しぶりに実生してみました。(Sさん、ありがとうございます)
 写真位の大きさになるまで、生きてられるかな~(笑)
2017年08月25日
2週間ほど前から播種を始めました。
その時の種は2~3日で生えたのですが、その後1週間前に播種した種はほとんど生えてきません・・・
温度不足とは思えないのですが・・・不思議です。
 画像は2週間ほど前に播種したものです
2017年08月02日
今春から気になっていた難物といわれるグラウカスの実生苗の植替えを怠っていたら、半分ほどの苗が根際に腐れが入ってしまいました。
しかし強いもので、腐れを除去し、2週間ほど干し上げていましたら『見事、復活!』・・・
他にも腐れの中から新根を伸ばしている事も多々経験しています。
今更ながら『他の植物と比べ、サボテンの根は弱いけれど、生命力は強い!』事を改めて実感した次第です。
2017年07月16日
まだ梅雨が明けないというのに、暑い日々が続いています。
災害に遭われた方々を考えるとあまりに辛辣な悩みだとは思うのですが、少々夏バテ気味です。
朝6時位にはハウスで仕事をしているのですが、最近は9時位までが精一杯・・・秋の早い当地では植替えは8月一杯に終わらせないと、新根がしっかり伸びてくれず、翌春にこじれる苗が出てしまいます。
気持ばかり焦っている私です・・・
 画像は『特赤花・・』と名付けた象牙丸です
2017年07月01日
3日程前に神奈川のN君がいらっしゃって、エピテランサの『紫月世界』に花が咲いているのを見つけ「こういうのを見たら欲しくなるんじゃないですか?」といって頂いたので、早速写真を撮ってきました。
すると出品した時より苗も数段に綺麗になっていて、こういったネットでの販売の難しさを感じています。
頻繁に写真やサイズを更新すれば良いのですが、正直『時間が無くて・・・』の状態・・・
『実物より写真の方が綺麗過ぎるのは困る』と思っている私ですが、『反省・・』です。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 18 次のページ»
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス